キャリアアップを目指す教育・研修

 教育理念

  1. 社会人として、組織人として専門職業人として自ら行動できる人を育てる。
  2. 患者中心の質の高い看護を実践できる看護師を育てる。

看護師は、卒業後も専門職として日々自己研鑽し、自己を成長させることが求められています。患者にあった質の高い看護を実践するために、勤務時間の中で研修を計画、実施しています。最近は、シミュレーション研修や現場に即した体験型の研修を多く取り入れ、現場ですぐ応用できるように趣向を凝らしています。
離島研修は平成23年から実際に三島村・十島村の診療所に1週間滞在し、離島の医療を体験する等、両施設の看護師スキルアップ研修を実施しています。島民の方との触れ合いの中で、医療・看護に対する現状や自分のスキルをはじめとする色々な思いを見つめる事ができます。
院内研修は年間で計画を立てていますが、最近では、インターネットを使用したオンデマンド研修も取り入れています。いつでも自分の時間に合わせて、24時間受講できます。(詳細はお尋ねください。)
臨地実習は、9校の学生を受け入れています。私たちの後輩を育成するという使命もありますが、看護師の教育的能力の向上や、人として看護を豊かにしてくれると信じています。

演習

演習

静脈内注射・血管確保の実施演習(模擬腕を使用し、先輩看護師が指導) 

医療機器の取り扱い

医療機器の取り扱い

看護研究発表会

看護研究発表会1回/年実施

教育体制

level01

指導や教育の元で基本的な看護を安全にできる。

level02

自立して看護課程の展開が出来る。

level03

リーダー的役割や責任を認識し、遂行できる。

level04

  1. 病棟単位のリーダーシップが取れる。
  2. 部署の士気を高める働きかけができる。
  3. 他者へのモデルを示すことができ、後輩への指導が適宜できる。
  4. 看護の専門性を発揮できる。
  • 医療安全管理
  • 感染管理
  • 離島研修
  • 看護管理
  • がん看護
  • 看護教育
  • 看護研究
  • 看護倫理
  • 入退院支援
  • フィジカルアセスメント
  • IVナース育成
  • 災害看護
  • 認知症ケア
  • 管理者ファースト
  • 中途採用者研修
  • 看護補助者研修

PNS

PNS確実な成長!

PNS(パートナーシップナーシングシステム)どんなシステム?

PNS(パートナーシップナーシングシステム)は、看護師が安全で質の高い看護をともに提供することを目的とし、2 人の看護師がよきパートナーとして、対等な立場で、互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合う看護提供方式です。
2 人の看護師は、毎日の看護ケアをはじめ、委員会活動、病棟内の係の仕事に至るまで、1 年を通じたパートナーとしてその成果と責任を共有します。

PNSの成果

看護の可視化による手抜きのない看護実践

可視化

新人・先輩に対する教育効果

教育効果

職場の活性化

PNSの真髄=コミュニケーション→モチベーションアップ

職場の活性化

残業(超過勤務)の減少、ワークライフバランスの実現

「家族との時間」「自分の時間」「友人との時間」を大切に

ワークライフバランスの実現

看護の伝承・伝授

本や参考書では学びとれない
暗黙知を習得できる。

看護の伝承・伝授

安心・安全な看護の実践

PNSではペアと行動しているため
必要な時にその場で
安全にケアを提供できる!

安心・安全な看護の実践

看護記録のリアルタイムな記載

1人が検温をし
1人が記録をするリアルタイム。

看護記録のリアルタイムな記載

新人看護師の1年

3月

入社式
就職前研修
集合研修

4月

集合研修
新人看護師の業務開始

5月

集合研修
● 1ヵ月を振り返る
● 看護必要度
看護技術の実施

6月

集合研修
リフレッシュ研修

電子カルテ操作研修

電子カルテ操作研修

注射の研修

注射の研修

注射の研修

注射の研修

7月

集合研修
● 3ヵ月を振り返る

8月

研修

9月

9月から開始
ローテーション研修
(2週間8部署)

10月

集合研修
● 6ヵ月を振り返る
● 症例検討

BLS研修

BLS研修

研修風景

研修風景

1年後振り返り発表

1年後振り返り発表

11月

集合研修
● 化学療法について

12月

集合研修
● 輸血療法について
● 人工呼吸器について

1月

集合研修
● 人工呼吸器について

2月

集合研修
● 人工呼吸器について

到達目標イメージ

1年間の到達目標

  • 日常生活援助のための基本的な知識・技術を実施できる
  • チームメンバーの役割と責任を果たすことができる
  • 指導や教育のもとで基本的な看護を安全、確実に実施できる
  • 院内研修、看護実践を通して看護を知識を深めることができる
Back to Top