今給黎総合病院の看護とは?

病院の紹介

”いまきいれ”と読みます。

公益財団法人昭和会 今給黎総合病院は、鹿児島市内では、大学病院・市立病院に次ぐベッド数を持った総合病院です。地域のセンター病院としての役割を担い、救急24時間体制で医療・看護に取り組んでいます。当院では“いつもそこにある安心”をキャッチフレーズに掲げ、看護部では患者さまのニーズにあった温かく心の通う看護の実践に日々努力しております。看護師はそれぞれ個人の目標を立て、クリニカルラダーによりステップアップを目指しています。

また、当院では、ワークライフバランスにも力を入れ、働きやすい職場環境を整えていることも特徴です。

患者・職員を大切にする「今給黎総合病院」の一員になり私たちと一緒に働いてみませんか?

看護部長メッセージ

看護部長

看護部長 近藤ひとみ

すべてのナースの安心と、学ぶ意欲、働く意欲を支えたい。

医療看護を取り巻く環境は年々変化しております。私たちは、進歩し続ける医療を支え、より良い看護を提供するために、PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)という新しい看護体制を取り入れています。

PNSとは、2人の看護師がよきパートナーとして看護を提供する方式です。経験が少なくても先輩に導かれながら安心して業務に当たれること。また、看護の成果への喜びや達成感を共有でき、お互いに学ぶことや働くことのモチベーションが高まる、という大きなメリットがあります。

そんな体制をさらに定着させながら、看護師として地域の役に立ちたい、人として成長したいという、まっすぐな熱意を応援したいと思っています。

 

ハードな現場だからこそ、看護にもう一つ、加えたいこと。

患者さまに寄り添うこと。それは、口で言うほどやさしくはありません。とくに、急性期の患者さまと向き合うことの多い当院は、治療や検査に追われるハードな毎日。業務が流れ作業になりがちです。だからこそ、看護にもう一つ、何かを加えたい。たとえば検温するとき、機械的にではなく何か一言、「あたたかい声」を添え、そして手で触れてみる。小さくても、その一つ一つを自ら考え、動くことが自分を成長させ、看護をよりよいものに変えていく。私たちは、そう信じています。忙しさに流されず、もう一つ。患者さまのために、自分のために、何ができるのかを一緒に考えていきましょう。

組織と要員

看護部長 近藤ひとみ
看護副部長 藤山みどり(教育・人事担当)
中村章子(入退院支援・病床管理、看護業務担当)
岩下邦子 (労務管理担当・患者サポート体制担当)
師長 18名
副師長 3名
主任 41名
看護単位 15単位+昭和会クリニック
その他 医療安全対策担当 千田 清美、長野 みつ美(QCセンター)
褥瘡対策担当 下前 百合香、逆瀬川 布美、椎木 真美子(QCセンター)
緩和医療担当 植屋 明代、早﨑 玲子、岩山 友紀(QCセンター)
感染対策担当 立和名 聖子(QCセンター)
在宅医療部 保健師2名 看護師1名

理念と目標

看護部理念

  1. 患者の立場を尊重し、他部門と協働しながら、患者のニーズに応じた安心の看護を提供する。
  2. 専門職として、自己の行動に責任が持てるよう、自己啓発に努め、主体性のある看護を目指す。

看護部教育理念

社会人として、組織人として、専門職業人として自ら考え行動できる人を育てる。
患者中心の質の高い看護を実践できる看護師を育てる。

看護部目標(平成28年度)

  1. 専門職としての自覚を持ち、責任ある看護の実践
  2. PNSの定着
  3. 入退院支援調整と円滑で効率的な病床管理
  4. ワークライフバランスの充実

看護体制

一般病棟入院基本料 (7:1)
看護単位 15単位
看護方式 平成27年度よりPNS導入
病棟 病棟(二交代)
  • 日勤 8:30 ~ 17:00
  • 夜勤 16:30 ~ 9:00
外来(二交代)
  • 日勤 8:30 ~ 17:00
  • 夜勤 16:30 ~ 9:00
手術室(二交代)
  • 日勤 8:30 ~ 17:00
  • 夜勤 15:30 ~ 8:00
  • 遅出 10:30 ~ 19:00
  • オンコール 土日祝日

委員会活動

看護安全対策委員会 医療・看護の質を保証するために細心の注意と判断力を養い信頼される看護を目指す。
看護業務委員会 看護業務の改善及び看護手順等を文章化し、全職員に周知させ看護水準の維持、向上を図る。
看護記録委員会 看護記録を充実させることを通して、看護ケアの質の向上を図る。
看護部入退院支援調整委員会 各部署における円滑な入退院支援調整の実践を支援することで、患者の早期退院・ケアの質の向上を図る。
看護教育委員会 職務遂行能力と自己研鑽能力を啓発し専門職業人としての人間性を養い、社会の変化に対応できる看護職員を育成する。
看護臨地実習指導者会議 臨地実習の意義と実習指導者としての役割が理解でき、効果的な実習指導を行う。実習指導者としての資質の向上を図る。
PNS推進委員会 PNSの基本に基づき導入・浸透・定着ができるために、全職員がPNSについて理解でき、安全で質の高い看護を提供する。
看護必要度推進委員会 実施した看護が正確に記録でき、正しい評価ができるようにする。
働き続けられる職場づくり
(Work life balance)
検討委員会
職員の働きやすい職場環境の見直しを行う。職員の子育て支援活動(託児所・病児保育の充実など)を行なう。
Back to Top